お肉・ワイン・オシャレな内装!エルくずはの「炭火焼肉 筵-en-」にこだわりを聞いてきた!【ひらつー広告】

en-1808035
8月5日に「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」エルくずはにオープンしました。

en-18080369
このお店は「炭火焼肉 筵 en 香里園」に続く2店舗目で、香里園のお店を知っている方もいるのでは?

「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」のこだわり

今回、「炭火焼肉 筵 en」大谷代表に話を聞いてきました!
20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-29

― お店の雰囲気が焼肉屋さんに見えないですね。

大谷代表:焼肉屋らしからぬ店をやりたかったんです。

en-18080323a

大谷代表:排煙のダクトを無くしたらイタリアンでもいけるでしょ?

焼肉屋のイメージって煙モクモク、床はちょっと油っぽい、内装も古めかしくてところどころ汚れてて、お肉はタレで揉んで出てきて、生ビール飲んで、白ご飯食べて。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-34

大谷代表:そういうスタイルももちろんいいと思うんですけど、「食べ方・食べさせ方に新しい切り口を」と思って始めたのが9年前に香里園に出したお店なんです。

en-18080339

大谷代表:
今回のお店も、炭火焼肉にこだわっています。やっぱりガスと炭火だと全然違うんですよ。
ガスの方がお店としては楽ですけど、炭火の方が断然美味しいです。

en-18080352

大谷代表:焼肉屋さんはたくさんあるので、「炭火焼肉」であること以外にも他の焼肉屋さんと差別化をしないと戦えません。
なので、「お店の雰囲気」「サービス」「サイドメニュー」「お酒の種類」などにも力を入れています。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵_広角-4a

大谷代表:例えば「お店の雰囲気」って大切なんですよね。
外食するってなった時に「特上の贅沢」ではなくて「プチ贅沢」。
雰囲気もサービスも良くて、いつもよりおいしいものを食べるっていう空間提供が大切だと思っています。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-28

大谷代表:例えば、神戸牛しか置いてないような1人2〜3万円するお店に行って、スタッフさんが一生懸命お肉の説明していてもお客さんって案外聞いていないんですよ。
主役は「肉」じゃなくて「お客さん同士」です。

en-18080315a

大谷代表:「久しぶりやな!お前元気してたか?」みたいな空間を提供したいと思ってます。
だから次は居酒屋をやるかもしれないし、イタリアンをするかもしれないし、フレンチをするかもしれないです。
でも、ステキな場を作るのは一緒です。

en-18080314

大谷代表:香里園のお店も焼肉屋っぽくないんですよ。
店に入ったらカウンターしかありません。2階が全部テーブル席なんです。

「え、焼肉屋なん?!」ってみんなに言われますけど、そういう驚きから入って欲しいイメージでつくっています。

en-1808036-2

大谷代表:今回のお店で言うと、この広さが大事なんです。
普通はもっとテーブルを置きます。でも置くと少し狭くなるんで、空間の良さが出ないです。
それは、席数よりも大切なことだと思っています。

― イスも座面を上げたら荷物を入れられるようになっていたり、折戸で半個室にできたり、いろんな工夫が見られますね

en-1808039
イスの座面の下に備えられた収納

大谷代表:前の店からイスの下の収納は採用しています。

折戸については個室希望の方結構多くて。
そういうニーズに応えられるようにやりたいなと思って、設計と施工をお願いしたハウスプランナー匠建さんに「ここを半個室みたいにしたいんです」と相談して作っていただきました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵_広角-8
折戸で仕切られる半個室スペース

― 一枚板のテーブルやイスもすごいおしゃれですよね。

大谷代表:ダイニングみたいな雰囲気にしたかったので、良いものを使っています。
本当は、開店コストを抑えないといけないんですけどね(笑)

― ワインセラーもありますね。

en-18080335

大谷代表:僕がワイン好きなんですよ(笑)
個人的には「お肉食べるのになんでワイン飲めへんの?」って思いますね。
もちろん僕がおいしいと思う焼酎や日本酒も置いていますけど、ワインをおすすめします。

― 今回ハウスプランナー匠建さんに施工していただいたということですが。

大谷代表:15年以上前に私がまた別でやってる店でハウスプランナー匠建の大本さんと知り合って、そこからお世話になっています。
何かお返しじゃないですけど、個人的に大本さんにお願いしたいなって思っていたのでお願いしました。


― 実際施工をお願いされて仕上がりはどうでしたか?

大谷代表:事細かに聞いていただけて、その都度変更が可能だったことがとても良かったです。

まぁそれも大工さんにご迷惑をおかけした思うんですけど、「あ、ここやっぱりこうしてください」とか「こっちに棚付けたい」とか「カウンターの高さやっぱりこうしていいですか」とかそんなわがままもいろいろ聞いていただきました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-33

― では最後に、お客さんに向けてメッセージをお願いします。

大谷代表:「脱・日常!!」をここで楽しんでもらいたいです。

でも別にうちの店は1人1万円、2万円するわけじゃないですし、普段の生活の中でちょっとした非日常を、ちょっとしたプチ贅沢を、彼女とゴハン食べに行こうとか、子供を預けて奥さんと2人でちょっと行こうかとか、そんな感じで使っていただけたらなと思います。

「ハウスプランナー匠建」のこだわり

「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」の設計・施工をしたハウスプランナー匠建さんがお店に来られていたので、話を聞いてきました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-12
(左から、建築アドバイザーの大本さん、大工の西星(にしぼし)さん大本社長

― 建築アドバイザーの大本さんが設計されたそうですが、どういうイメージで設計されたんですか?

大本さん:素材を活かして、自然な感じでシンプルに設計しました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵_広角-3a

大本さん:例えば、床はコンクリート、壁・天井は白いクロスでとてもシンプルにしました。
そうすることで、木の色が際立ってあたたかい雰囲気に仕上げています。

当たり前のことですが、コストをかければいい雰囲気のお店って簡単にできます。
でも実際は、コストを抑えていい雰囲気のお店を作らなければいけません
いかにコストを抑えるか。今回は、アイデアでコストを抑えました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵_広角-7

大本さん:例えば、この半個室ですね。普通に作るとすごくコストがかかるんです。
でも、クローゼットで使われる既製品を折戸に採用するアイデアでコストを抑えました。
ただ、既製品のままでは使えないので、裏面にシートを貼ったり、取手を付けました。

en-18080344

大本さん:
折戸の上は壁を無くし、空間的に繋がっているようにしました。
壁があるとないとでは、折戸を開け放った時の開放感が全然違います。

en-18080321a

大本さん:開放感で言うと、天井はできるだけ高くしました。
実際よりも広く感じていただけると思います。

en-1808038

大本さん:外観では、扉や窓の木枠ですね。
既製品の扉や窓のアルミ枠の上に木を張って木枠に見えるようにしています。
そうすると、あたたかい雰囲気になりますよね。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-3

大本さん:最大限の良いものを作る為に、たくさんアイデアを出しました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-8

西星さん:ほんまに大本さんはどんどんアイデアが湧いてくる。
「そんな手あんの!?」といつも感心しています。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-10

西星さん:それに大本さんが「やれるやろ?」ってうまく乗せてくれるんです。
それで「よし、やってやろう!」ってなって、楽しく仕事ができました。

en-18080320

― 特に思い入れがあるところはどこですか?

西星さん:いろいろあるけど、カウンターかな。
メニューや調味料を置くためのヘコミは、少しでも空間を有効活用して、カウンターの上がスッキリ見えるための大本さんのアイデアです。
その分手間はかかるんですが、いいものが作れたと思ってます。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-26

西星さん:あと、カウンターがたわまないように、下がり止めの受けを入れています。
机がたわまないようにこの受けを長くしたいけど、長いと座った時にじゃまになってしまうし。
そこらへんを考慮して絶妙な長さにしました。

20180803_ハウスプランナー匠建_炭火焼肉筵-12

西星さん:信頼関係があるんで、図面で伝わりにくいところのやり取りはスムーズですし、大本さんが伝えたいこともすぐに理解できます。

大本さん:信頼関係があるからこそ変更の要望があったときは、すぐに現場に行って、現場でやり取りをしましたね。

現場で説明した方が正確で早いことだと現場でどんどん進めました。
信頼関係がなかったら、小さな変更については図面を書かないといけなくて、少しの変更で工期が長くなったりしてしまいますからね。

en-18080341

― ハウスプランナー匠建さんは、住宅を作っているイメージでした。

大本さん:確かに新築住宅やリフォームが多いですけど、おしゃれな店舗もできますよ。

― 今日はいろいろとお話をありがとうございました!

大本さん:ありがとうございました!

「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」のメニュー

en-18080345
タンカルビ 880円(税別)

en-18080361
熟成壺漬けカルビ 1,380円(税別)

en-18080357
豚トロ 580円(税別)

メニューはこちら。
180803180124
(メニューその2345

お肉はもちろん、お酒も充実しています。

樟葉駅改札からのアクセス

en-1808031a-01
樟葉駅の改札を出て左へ曲がりましょう。

en-1808036
そのまま進むとすぐにエルくずはがあります。

en-1808037
細い道を進んで行くと、

en-1808038
右手にお店があります。

en-1808033
エルくずはの案内図では、12番がお店になります。

夜の23時まで空いていて駅に近いので、終電を気にせずお肉お酒を楽しめるので、「プチ贅沢」
「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」でしてみてはいかがでしょうか?

お店概要
店名 炭火焼肉 筵 en KUZUHA
営業時間 
月〜金
昼 11:00-15:00(L.O.14:30)
夜 17:00-23:00(L.O.22:30)
土日祝
11:00-23:00(L.O.22:30)
定休日 第3火曜日
(上記の情報は記事作成時点でのものです)

「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」を設計・施工したハウスプランナー匠建

「炭火焼肉 筵 en KUZUHA」設計・施工したのが、
ハウスプランナー匠建 
「不器用なほど丁寧な家づくり」 
をテーマに掲げる、
ハウスプランナー匠建さん。
3e8fb57b-s
※クリックでハウプランナー匠建HPへ
ハウスプランナー匠建までお問い合わせください!

TEL:
0800-111-4250
(フリーダイヤル)  
(フリーダイヤル)

【ひらつー不動産】についてのお問い合わせはこちらから!

ライター:パイン@ひらつー パイン@ひらつー