ガツンとパワフルで伸びシロがある「土」のワイン登場!持って長尾をまちブラしてたら初めて声掛けられた【ひらつーコラボ】

まいどーっ!
今回はワイン持って
長尾のまちブラしまっせ!
(この記事は長尾ワイン全4話中の3話目です!)

枚方在住のワインプロデューサーの大西タカユキさんとひらつーでは割と酒好きのおさや@ひらつーが一緒に、市内の駅ごとにまちブラしてまちに合うワインを考えるという企画。

光善寺→②くずは→③村野→④牧野→⑤藤阪→⑥宮之阪に続き、7駅目の今回は
再びJR長尾駅にやってきました
長尾ワイン後編-1
大西さん:すごい!長尾駅の改札出てすぐところに「みんなの伝言板」なんてある!!ちょっと拝借して・・・。
「長尾!」
(※すぐに消しましたー!)
 
↓長尾駅は地図ではここ



〜ワインプロデューサー大西さんについて〜
→企画の詳細については、初回の光善寺ワイン紹介しています。 

15:00まちブラスタート 
大西さん:今朝めっちゃ雨降ってたけど、いい天気になってよかったなー!
今日のワインは「土」のワインです!!出すのん楽しみやわ。

おさや:やっぱりそうですか!どんなんかはわからないけど予想通りです(笑) 
雨降って「土」(地)固まるですね(笑)

今日はどんなまちブラになるんでしょうね〜楽しみです。
長尾ワイン後編-4
大西さん:今日はこっち側から降りよう!

おさや:窓の模様で全然外が見えません(笑)
長尾ワイン後編-5
大西さん:いや〜、1回目のまちブラはワイン選びのキーワード探しに苦戦したな〜(笑)
でも長尾のイメージにぴったりのめっちゃおいしいワイン選んできたから、お楽しみに!

え〜、なにこれ!?無人販売所?これは前回見落としてた!
長尾ワイン後編-11

− オール100円コーナー!
長尾ワイン後編-6
(取材時はキャベツが並んでいました。看板によると、タイミングによっては冬瓜・すだち・タマネギ・じゃがいも・ゆずもあるみたい。)

おさや:今日のワインに合うんやったら買っていきます?

大西さん:いや、さすがにキャベツとは・・・笑

おさや:そうなんですか〜残念。。
長尾ワイン後編-15
大西さん:船橋川、覚えてたで。今日は何か生き物おるかなー?

あ、今日はカモがおった!
長尾ワイン後編-17
大西さん:太陽が反射してめっちゃキラッキラ!!カモが見えへんくらい光ってるわ!笑

おさや:ま、まぶしっーー!!

− 今日も平和でのどかな風景です。
長尾ワイン後編-18
大西さん:ワインは「土」感あるところで開けたいねんな〜!せっかくやから。

あ、ここがちょうどいいわ!ゴソゴソ。
長尾ワイン後編-21
大西さん:早速ですが、長尾ワイン行くでー!!

チラ。

大西さん:自分で言うのも何やけど、結構うまく選んだと思うねん。
ほら〜〜〜、完璧ちゃう??
長尾ワイン後編-24
どどん!
すごいやろ?!どや!!
長尾ワイン後編-41
おさや:ええぇぇぇ!!?すっごい!
これ、もとからこんなラベルなんですか?
大西さんが作ったんじゃなくて?笑

長尾ワイン後編-26
大西さん:ちゃうよ(笑)

名前は、
ENTRE SUELOS
TEMPRANILLO
RED WINE 2013
(エントゥレ スエロ テンプラニーリョ)

意味は、
・ENTRE(エンテロ)=〜の間
・SUELOS(スエロ)=土・地面
・TEMPRANILLO(テンプラニーリョ)=黒ブドウの品種

で、ラベルデザインの、銀のホログラムのキラキラ部分が「パワー」を表してるんやで。

つまり、まとめると「土の中のパワー」みたいな意味。
長尾ワイン後編-34
大西さん:「土壌からベストを掘り出すこと」をイメージして作られたラベルやねんて。ブドウの収穫は手摘みでしてて、ステンレスタンクで発酵後、フレンチオークの樽で6ヶ月熟成してるんやで〜。

▼長尾ワインに選ばれたENTRE SUELOS TEMPRANILLO RED WINE 2013
長尾ワイン後編-39

▶︎土から生まれるエネルギッシュなラベル!
エントゥレスエロ テンプラニーリョのデータ
・産地:スペイン・ カスティーリャ イ レオン
・ワイナリー名:ボデガス トリデンテ
・種別:赤ワイン・パワフルなフルボディ
・度数:14度
・ブドウ品種:テンプラニーリョ
・容量:750ml
・味わい:辛口

長尾ワイン後編-40

大西さん:今日はしっかりしてるワインやから、ちゃんとしたグラスを持ってきました!

これは「RIEDEL(リーデル)」って言う僕もイチオシメーカーのワイングラスで、ワインを美味しく飲ませるために科学されたグラス。舌にどう流れるかまで考えられてるんやで〜。
たとえば、産地・種類が違えばベストなグラスの形も変わる!って言う、こだわりのメーカー。

これは赤ワイン用のグラス。
長尾ワイン後編-37
大西さん:ちなみに、ざっくり解説すると、
・白ワイン用は小さめ
・スパークリング・シャンパン用は細め
・ヴィンテージのシャンパン用は香りがしっかり中にこもるように白ワインに近い形

とかね。

おさや:おいくらするんですか?

大西さん:これはお手頃で、1脚1,500円くらいかな。

おさや:あ、思ってたよりお手頃ですね!!

大西さん:でも一番高いグラスは「ソムリエシリーズ」で高いやつは全部ハンドメイドで、1脚10,000円以上するねん。しかも薄いからとても割れやすいっていう(笑)

箱もカッコいいやろ!

おさや:赤ワイン用だから赤い箱なんですか?

大西さん:いや、箱は全部黒と赤(笑)

グラスの厚みは、薄い方が美味しいねんで。
余計な感覚がないほうが飲んだ時に気にならへんから、薄い方が美味しいってわけ。

おさや:なるほど!!

大西さん:ほな開けまっせーー!
長尾ワイン後編-47
ポンッ!と〜

はい、開きました〜
長尾ワイン後編-48
大西さん:ラベルはすごいけどコルクは何の変哲も無いわ(笑)
これはスペイン産のワイン。

ちなみに、このワインは濃い「フルボディ」です!
「フルボディ=高級ワイン」なことが多いな。

ざっくり言うと、「ライトボディ」ほど安くて薄くて、一般的に普及してるのは「ミディアムボディ」が一番多いかな。

で、「フルボディ」って特に定義がないねん。基準が決まって無いから言ったもん勝ちやねん!

おさや:え、そうなんですか!知らなかったです!国際的な基準があるんだと思ってました。

大西さん:意外と知られてないよな。ちなみに、たまに「フルボトル」と「フルボディ」を間違える人がいるねんけど、「フルボトル」はボトル1本の「750ml」のことなんでご注意を〜!笑
長尾ワイン後編-54
大西さん:では、長尾で長尾ワインを注ぎますよ。
行きますー!!

トクトクトク…おおおおおお〜〜〜
長尾ワイン後編-57
大西さん:ふふふふふふふふ。
きましたよこれ。

長尾ワイン後編-59
おさや:あぁおいしそう〜〜〜・・

長尾ワイン後編-61
大西さん:めっちゃ若々しい感じの、ブドウの濃い香りがする!
昔、南仏でワイナリー回ったときに醸造所の中でワイン作ってる時にこんな香りがしてた!まさに、ブドウをつぶした感じ。

じゃあ飲みます!
長尾ワイン後編-65
大西さん:あ〜、土の!パワーを感じる!ニヤニヤニヤ

【大西さんのテイスティングコメント】
ワイングラスに注ぐと、赤ワインというよりもほぼ黒ワイン。
それくらい濃厚な色合いです。

ワイングラスに顔を近づけると、サウナに入った時のような「木」の香りがフワッとします。これは、樽で熟成していることに由来する樽の香りです。

その他にも、目の前でブラックペッパーを挽いた時のようなスパイシーな香りや、いかにも濃ゆ〜い味をイメージさせるエスプレッソのような香りも漂います。

いよいよワインを口に含むと・・・ガツ〜ンとパワフルな先制パンチに見舞われます。ラベルに銀色で描かれている「土の持つチカラ」はコレかぁ〜と妙に納得。

それでも、ただ濃いだけの飲みづらい赤ワインではなくて、とってもオープンな性格なので、果実味のチャーミングな部分も見え隠れして、濃いながら親しみやすさも併せ持つ、いいヤツです。

駅ワイン始まって以来の「赤ワインの本格派」。フルボディの赤ワインがお好きな方は間違いない味わい。もちろん、発展しつつある長尾の街のように、このワインもこれからどんどん熟成して美味しいワインに変貌していくポテンシャルがあります

今飲んでも美味しいし、もしワインセラーがあれば10年ほど熟成させて飲むと、見違えるような魅力を見せつけてくれそう。これからの成長が楽しみな長尾ワインです。

長尾ワイン後編-66
大西さん:長尾、まさにこんな味やで!笑
今までの「枚方のワイン」シリーズで一番パワフルで濃い、フルボディのワイン!!
ほんまこのワインは香りがすごいわ〜。濃いベリーの香り!

選んだ理由としては3つ!
【セレクトポイント】
 樹齢100年のブドウを使用・・・実は歴史が古く1898年に開業した長尾駅。このワインの原料のブドウは樹齢100年の長生きブドウを使用していて、長尾駅が出来たころから作られているブドウを使っています。

 土のイメージ・・・言わずもがな!

 線路の向こう側の発展途上・・・前回歩いてみて長尾はまだまだこれからの潜在能力があって、発展していくまちだと感じました。で、このワインはいまはまだ若くて飲んだらパワフルやねんけど、年月が経つとこれからもっともっと丸くなって美味しくなる、というこれからの伸びシロが感じられるワインです。
以上3点からこのワインを選びました!

というわけで、
▽スムーズにワインをお届けするために予約を承ります!
長尾ワインを飲んでみたくなったあなたへ!
 販売価格:1本2,100(税別)  

こちらからお買い上げいただけます!
※送料は通常600円のところひらつー読者さんは特別に税別400円・4本以上のご注文で送料無料!
他のワインとの合計でもOKです。決済時に一緒にご注文ください。

おさや:シリーズ初のフルボディワイン!濃ぉ〜いけど、でもキレがあって喉に残ったりしないので飲みやすいですね!ちびちびとずっと飲んでたい(笑)

長尾ワイン後編-68

大西さん:ではここでワイングラスの持ち方についてお伝えしましょう。

基本、日本では細い柄の部分を持つのがマナーやって言われてるねんけど、国際的なパーティーではこうやって持つねん。大統領とかがこうやって持ってるの見たこと無い?
長尾ワイン後編-74
国際的なグラスの持ち方 in 長尾!

長尾ワイン後編-72
おさや:お互い様ですが、なかなか変な光景です!

大西さん:あはは(笑)
じゃあこのグラスに垂れてるやつなんて言うんやったでしょう〜?
長尾ワイン後編-76
おさや:えっとー・・・確か初回の光善寺ワインの時に教えてもらいましたね。
ワインの・・・!?

大西さん:そう!どろってグラスの周りに付いて、ゆっくり垂れるほどアルコールが高いんやったよね。
長尾ワイン後編-67
おさや:じゃあこのワインはアルコール度数が高い気がする〜〜〜!!度数は?

大西さん:よし、オレ当てるわ!

おさや:え、飲んだら度数分かるんですか!?すごいっす。

大西さん:うーん、13.5%!

(答え見ました)

大西さん:・・・14%やった(笑)

おさや:あははは。ほんまテレビ向きですねw

大西さん:今は惜しかったけど(笑)、だいたいは飲んだら分かるねんで〜!
長尾ワイン後編-69
おさや:ちなみに大西さんが今までで飲んだ中で一番アルコールが高かったのは何ですか?

大西さん:今まで出会った中やったら、16%かな。

おさや:16%のワイン!濃そう〜
 
大西さん:このワインは今はまだ若い感じがするねんけど、熟成してから飲んだら刺激が丸くなってもっと飲みやすくなるねん。こういうのは熟成して飲むワイン。

おさや:じゃあズバリ飲み頃はいつですか?

大西さん:そうやな〜、10年経ってもまだ余裕でパワフルやわ。飲み頃は15年後くらいかな〜。

このワインが2013年製やから、2028年が飲み頃の予想です。
長尾ワイン後編-78
おさや:お〜〜〜楽しみでしょうがないですね〜(笑)

大西さん:ほな歩きまっか。
ほんまこれおいしいわ〜。

これ保護色やん!あはは
長尾ワイン後編-81

長尾ワイン後編-80
大西さん:看板と色が一緒!!!
すごいわ〜!!やっぱこれ長尾ワインやったわ〜

いや〜町中で歩くの久々やな。
長尾ワイン後編-82
おさや:もうすっかり慣れましたね(笑)

大西さん:誰か声かけてほしいな〜。
この前テレビの「よーいどん」出たし、知ってる人は増えてるはずやねんけどな〜
長尾ワイン後編-83
大西さん:もう1回くらいテレビ出ないとあかんかなぁ?笑
まぁ、普通に声かけづらいよな。
畑の道をワイン飲みながら歩いてるやつってやばいもんな。
ボクでも見て見ぬ振りするわ!

おさや:笑

大西さん:長尾駅とも同じ色!
長尾ワイン後編-87
すごいな〜〜〜

大西さん:いや〜今日は完璧や!!ごきげんごきげん。
ここで撮ろう!!
長尾ワイン後編-89
大西さん:ほんま、すごいなこの絵!!!
めっちゃおもろいやん!色の組み合わせが最高。

長尾ワイン後編-91
大西さん:風見鶏おった!!かんぱーい!!
前回ここで「何にもない!」って言ってしまったけど、ワイン1本あればなんぼでも遊べるわー!

長尾ワイン後編-93
大西さん:あははは、もはや土じゃないけどここも色が一緒。
 
おさや:(笑)

ワイン遊びが止まらない〜〜〜!!

− ネギ畑とワイン。
長尾ワイン後編-97
おさや:今、ナチュラルにネギと並んでますけどそういえばこのワインは何の食べ物に合いますか?

大西さん:うーん、合わせるの難しいな〜!

おさや:まじっすか。このあとどこに行くかに関わってきますけど・・・笑

大西さん:このワイン個性強いやん?めっちゃパワフルやから難しいな〜。

強いて挙げるなら、濃いソースのステーキとか、ビターなチョコレートとかかな。
あとは、ウォッシュタイプのチーズ、ビーフシチューあたり。

おさや:なるほど、濃いワインには濃い料理ですね!

長尾ワイン後編-99
大西さん:うわ〜、これも色一緒!

長尾ワイン後編-98
おさや:よう気付きましたね!ムダにいい感じです(笑)

大西さん:あ、これ意外と、抹茶に合うかもしれへん!
なぜかと言うと、チョコと抹茶が合う×このワインとチョコが合う→これと抹茶も合う!
かも?

ま、やってみな分からんけど!

− 長尾駅のホーム横に来ました。
長尾ワイン後編-101
(お客さんがいっぱいいます)

おさや:プラットフォームにいる人からめっちゃ見られてますよ!

大西さん:どんどん見てくれ!!笑
あ、ここに置いたらいいんちゃう!?
長尾ワイン後編-105
おさや:確かに。線路のサビの色とマッチしていい感じです!!

でも、長尾駅の駅名表示とワインが遠すぎでーす(笑)

大西さん:じゃあ、ボクが間つなぐやん?
長尾ワイン後編-106
おさや:モデルか!
次雑誌出すんやったらこれ表紙でお願いします!!

大西さん:これ載せられる雑誌ないやろ!笑

おさや:笑
長尾ワイン後編-109
あ、これ!

長尾ワイン後編-110
前行ったお寺や!

続いて、今日も発見〜!!
線路横に南国の木!!
長尾ワイン後編-113
大西さん:ちょっとこれ不自然?

おさや:いや〜、色は合ってると思いますよ(笑)
長尾ワイン後編-114
(ぼさぼさ。)

長尾ワイン後編-115
おさや:さっきから思ってたんですけど、めっちゃグラス回してますよね!!

長尾ワイン後編-117
おさや:なんでですか?

大西さん:うん。プロのソムリエっぽいやろ?笑

グラスの中でしっかり回したら、酸素と結びついて酸化するから香りがけっこう変わってくるねん。例えばこのワインはまだ若いからホントは何年も置いた方が美味しいねんけど、こうやって回して空気に触れさせることで、数年分熟成させたのと同じ効果が得られるんやで〜。

おさや:あ、意味があったんですね(笑)
長尾ワイン後編-118
大西さん:グラスの中で成長するワイン。
まるで、長尾のこれからの出来事をグラスの中で先に語ってる、みたいな。

おさや:ひょえーーー!!!
うまいこと繋げますねぇ〜。

大西さん:さすがソムリエやろ。あはは笑

あ、いいタイミングで来たJRの電車と撮ろうー!
長尾ワイン後編-120
おさや:いや〜土も家も地面も木も電車も、なんでこうも不思議と長尾ワインと色が一致していくんでしょうね〜笑

大西さん:ほんまやで!笑
ほんなら前も行ったけど、こっち行きましょかー。
長尾ワイン後編-123

と、そこへ・・・

うわ〜〜〜!!
ひらつーさんですか!!??

えー!すごい!
いつも見てます!

おさや:えー!声かけてもらったのはじめてです!

大西さん:うれしーー!!はじめてはじめて!!
ほんまに僕らこうやってやってるんですよ!?

おさや:記念に写真いいですか!
長尾ワイン後編-124
声をかけていただいてありがとうございました!!

大西さん:すごいな!やっと声かけてもらえるところまできたなぁ!!
ここまで長かったなぁ〜〜、ウルウル。



以上、後編の上でした!

読者さんとの嬉しい出会いがあり、次回も引き続きワイン持ってまちブラします!
ちなみに、まちで私たちを見かけたら、ぜひ声をかけていただけると嬉しいです〜♪

最後に復習!

▶︎土から生まれるエネルギッシュなラベル!
エントゥレスエロ テンプラニーリョのデータ
・産地:スペイン・ カスティーリャ イ レオン
・ワイナリー名:ボデガス トリデンテ
・種別:赤ワイン・パワフルなフルボディ
・度数:14度
・ブドウ品種:テンプラニーリョ
・容量:750ml
・味わい:辛口
・合う料理:ウォッシュタイプのチーズ、ステーキ、ビーフシチュー

長尾ワインを飲んでみたくなったあなたへ!
 販売価格:1本2,100(税別)  

こちらからお買い上げいただけます!
※送料は通常600円のところひらつー読者さんは特別に税別400円・4本以上のご注文で送料無料!
他のワインとの合計でもOKです。決済時に一緒にご注文ください。


次回はスイーツとのコラボ!?
次回もお楽しみに!!

長尾ワイン後編-下」へ続く。
(長尾ワインは全4編!)
前編の上
前編の下後編の上(←イマココ)後編の下
 
◆関連リンク
大西タカユキOfficial Website(公式サイト)
大西 タカユキのワイン大楽(だいがく) 
枚方のワインシリーズ関連記事(枚方つーしん)
ライター:おさや@ひらつー おさや@ひらつー