釈尊寺町で「耳をすませば」っぽく階段を駆け下りてみた

みなさんこんばんは!タクワン@ひらつーです。早速ですが今回やってみたい事があります。

罪な少女
(写真は今回の記事とは全く関係ありません)何かと言うとずばり、
『ジブリの映画「耳をすませば」風に階段を駆け下りてみたい!』です!

突然何を言ってるんだこいつはと思われる方もいらっしゃるかもしれません。私もそう思います。でもちょっと話を聞いてください。
まずは念のため「耳をすませば」についての簡単な説明から↓


ジブリの映画「耳をすませば」とは?(原作は漫画)
すどん@ひらつー作
(映画の画像を使う訳にはいかないので、すどん@ひらつー作の「耳をすませば」の画像でお送りします。)

 →主人公月島雫と、天沢聖司の2人による甘酸っぱい恋愛映画。Wikipediaによると、背景美術は多摩市や武蔵野市がメインだそう。以前、すどん@ひらつー『ジブリ映画「耳をすませば」に「HIRAKATA」というお店が出てくるそうなので実際に観てみた』なんて記事も書いていました。

映画の背景のモデルとなった場所は東京の様ですが、何とな〜く枚方にも似た様な場所がある気がしません?!

例えば同級生の杉村くんが主人公・雫に告白をする神社。

百済王神社
枚方市駅近くにある百済王神社の祠が、映画に出てくる祠に似ているような気がします。

意賀美神社
神社の鬱蒼とした雰囲気を思い浮かべるなら意賀美神社も何だか「耳をすませば」感を出せそう。

また映画の後半、聖司くんが雫を自転車に乗せて坂道をのぼるシーンは、
坂道ダッシュ
『枚・かた男と共に駆け抜けた枚方元町の坂【ひらかた坂道ランキング第8回】』より)

あの枚・かた男が走った枚方元町にある坂道に似ている様な気もするんですが、…いかがでしょうか?何の事を言っているのかさっぱりだわという方は映画や「耳をすませば」の画像検索などして頂けると助かります!

そして本題の「階段」ですが、こちらも枚方の階段で再現出来るのでは?

映画では下の絵のような感じで階段を駆け下りていました↓
こんな感じ

「憧れやわあ。女の子の夢、詰まってるわあああ…」

という事で「耳をすませば」の様な階段を求め、開店閉店で枚方を駆け回っているすどんから情報提供を頂き実際にやってみる事にしました。

もしかしたらこの企画、坂道ダッシュの対抗馬になるやもしれません。
題して、枚方で最も「耳をすませば」っぽい階段を探す!(坂道ダッシュのキャッチフレーズをもじっている辺り、長続きしなさそうな予感)です。

早速行ってみましょー!

階段File.1 釈尊寺町にある階段 

耳をすました-1611111

耳をすました-16111164 耳をすました-16111171

階段の特徴

手すり:あり/両サイド型
段数:88段
階段の横の坂の角度:23°
何で出来ているか:コンクリート
特徴:4回小休止が出来るようになっている。階段の最後の方は横に折れ曲がっているのが特徴。

この階段を選んだ理由
真っ直ぐで終わるかと思いきや突然曲がりだすそんなひとくせあるところにキュンときたから。
(ちなみにタクワンが考える「耳をすませば」っぽい階段とは①程よく高さ・階段の段数があること②町の景色が見えること③階段の幅がそんなに広くないこと)

地図ではこちら↓

坂道ダッシュでも何回か釈尊寺町辺りの坂道の意見が寄せられていましたが、確かに坂が多いなあという印象でした。あと角度がすごい。まさかこの企画が先に釈尊寺町に来るとは誰が考えたでしょうか。

フォト
それにしてもええ感じの「耳をすませば」っぽい階段DESUNE!!

ちなみに階段の頂上から見える景色は、
団地
ちょっとこじつけの様な気もしますが主人公が暮らしていたような団地が見えました(笑)

そして!!
耳をすました-16111187
(前置きが長すぎて日が暮れてしまいました)

この日の為に主人公の雫ちゃんっぽい服装も用意。気分は完全に「耳をすませば」!階段を駆け下りる準備もOKです!

それでは念願だった夢叶えてきまーす!
うりゃあああああああああ!

階段かけおりた
(色々飛ばし気味なGIF動画)

耳をすました-16111154
…ゴール!!(?)

何ていうかすごい爽快感です。遂にやってやったぜ!

ちなみに下りている最中の写真を一コマに収めるとこんな感じ↓
耳をすました-16111120
一度勢いをつけると止まることが出来ません(笑)

耳をすました-16111124
何も考えずに下りた後は、登りながら段数をチェック!
登った感想は「ただただ、しんどい」

段数の結果は一瞬煩悩の数?と思ったものの全然違った88段と、
耳をすました-16111167
角度は階段の横の坂の角度(※階段自体の角度ではありません)で測ってみたところ23°でした。

折角「耳をすませば」っぽく階段を下りたので、「耳をすませば」っぽい写真も同行してもらったおさや@ひらつーに撮ってもらいました。

こんな感じ

階段
(手を出す方向が逆でしたね!)

階段から見た景色-1611111

「耳をすませば」っぽさ、伝わってます……?

ちょっと自分では写真を見すぎて判断出来なくなってしまいましたが、いずれにせよ階段自体は「耳をすませば」の気分にさせてくれました。ありがとう、釈尊寺町の階段!

満足度をつけるとするなら、ドドドドドッ…(ドラムロール音)

★★★★☆

星5つ中、4つと言ったところでしょうか。

これよりもっと「耳をすませば」を感じられる階段が枚方にあるという期待も込めて満点はつけません!


終わりに。
 

耳をすました-16111116

「耳をすませば」っぽさ、感じて頂けたでしょうか!

ちょっと自己満足な記事にはなってしまいましたが、自分が大好きな作品を自分の住んでいる町で再現出来るというのは嬉しいもので、読んでくれている方にも大好きな作品を思い浮かべながら「あのシーン枚方で再現出来るかも…」なんて思いながら読んでもらえたら幸せです。

そしてあわよくば明日階段を駆け下りる人が続出していたら素敵。

ちなみに明日の金曜ロードショーは「耳をすませば」に関連する同じくスタジオジブリの「猫の恩返し」が放送されるようですよー!

以上、『釈尊寺町で「耳をすませば」っぽく階段を駆け下りてみた』でした。